光学式ポロシメーター SE-2000EPA

SE-2000EPA

EPA(大気圧用光学式ポロシメーター)では、膜の特性を周囲圧力・温度で高速に評価できます。セミラボでは、メソ細孔の研究を簡単、安価、かつ非毒性で行うために、EP測定を、パルス状の気流を使い、水分圧を制御して行いました。このシステムでは、等温線の各点で分圧を高速に平衡させることができます(完全な吸脱着サイクルを30分以内に測定可能)。

EPA設定では、分光エリプソメーターの上に、分析対象の膜が含まれている環境制御室が固定されます。研究所では、通常、ガス容量分析には時間がかかります。これは主に、分析室内で圧力平衡が得られるまでに長い時間がかかるためです。セミラボでは、この実験の設定で、圧力平衡システムの代わりに、分析対象のメソ細孔膜に直接接触する固定分圧の吸着質が含まれている連続的な気流を使いました。

EPAから求められる特性:

  • 直径1.5nm~60nmの細孔サイズ分布
  • 平均細孔サイズ
  • 細孔率
  • 累積表面積
  • 厚さ – 屈折率 – 吸収係数
  • ヤング率
お問い合わせ
アプリケーション・テクノロジー情報

お問い合わせ

ご質問・ご相談はこちら

TEL 045-620-7960

日本セミラボ株式会社株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10
YS新横浜ビル6階
TEL: 045-620-7960(代表) FAX: 045-476-2146

セミラボグループ
セミラボグループロゴ
Semilab AMSロゴ
Semilab QC ロゴ
Semilab SDI ロゴ
Semilab Sopra ロゴ
Semilab SSM ロゴ