非接触CV測定装置 FAaST 350 C-V / I-V

FAaST 350 CV/IV

FAaST 350 CV/IVシステムは、特許取得済みのコロナ-ケルビン法に基づいてSemilab SDIの高度なCV/IV測定を行い、誘電体と界面の特性を非接触でイメージングします。この主力プラットフォームは、デュアルFOUPロードポートローディングステーションからの自動ウェハーハンドリングが可能であり、最も要件の厳しい大量生産環境でのインライン測定を完全にサポートできます。 

特徴とシステム仕様:

  • ロボットによる自動ウェハーハンドリング
  • デュアルFOUPロードポート:単一ロードポートまたはVersaportを備えたオプション構成
  • 表面電圧高速マッピングモードによるフルウェハー不可視欠陥(NVD)検査とプラズマダメージモニタリング
  • 次のような誘電体特性の部位の自動プログラミングまたは等高線マッピング:
    • 誘電体キャパシタンス(CD)と厚さ(EOT)
    • 誘電体リーク電流(IV)
    • フラットバンド電圧(Vfb
    • 界面トラップ密度(Dit
    • 界面トラップ電荷(Qit
    • 半導体表面バリア(Vsb
    • 酸化物総電荷(Qtot
    • 可動イオン電荷(Qm)、など
  • FAaSTソフトウェアパッケージ:測定、レシピ記述、データ表示アプリケーションなど
  • 適した測定対象:高k/低k誘電体フィルム(SiO2、SiNx、Al2O3、HfO2、混合された誘電体、積層誘電体フィルムなど)を持つ半導体(Si、SiGe、InGaAs、SiC、GaNなど)
  • 初期構成は300mmウェハー用で、200mm/300mmブリッジ構成もオプションでご用意
  • ラインコンディショナーにより、柔軟な対応が可能
  • Semilab SDIの他のFAaST装置の測定法を用いた構成に対応
  • 追加オプション:ミニエンバイロメント、300mm SEMI準拠の自動化、耐震用ブラケット、ウェハーOCR/RFID/カセットバーコードリーダー、1000V Vcpd測定範囲
お問い合わせ
アプリケーション・テクノロジー情報

お問い合わせ

ご質問・ご相談はこちら

TEL 045-620-7960

日本セミラボ株式会社株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10
YS新横浜ビル6階
TEL: 045-620-7960(代表) FAX: 045-476-2146

セミラボグループ
セミラボグループロゴ
Semilab AMSロゴ
Semilab QC ロゴ
Semilab SDI ロゴ
Semilab Sopra ロゴ
Semilab SSM ロゴ