弾性金属プローブCV測定 FCV-3000

FCV-3000

アドバンストインプラントメトロロジーシステム

FCV-3000アドバンストインプラントメトロロジーシステムは、ゲート酸化膜などの誘電体やソース/ドレインなどの極浅インプラントに関連する電気パラメータを高速に測定します。この方法は、広範囲のドーズ量に対して優れた感度を発揮します。

このシステムには、クラス1ミニエンバイロメントが含まれており、適用されるSEMI・CE規格を満たします。

FCVシステムは、小型弾性プローブを使い、誘電体表面に仮ゲートを形成します。内蔵のパターン認識システムがスクライブライン試験領域を検出します。
弾性プローブの直径は、誘電体特性評価用では30µm未満、表面抵抗率測定用では200µm超であり、誘電体表面にダメージを与えません。
弾性プローブの他に、1ピン測定用の硬質金属プローブと、2ピン測定用の硬質金属プローブペアもあり、より精密な位置決めが可能です。

特徴とシステム仕様:

  • 水銀接触なし。ダメージと汚染を残さないプローブにより、ウェハーの再利用が可能に
  • 簡単に習得・使用できるSAMユーザーインターフェイスがWindows 7環境で動作
  • データ転送が簡単(工場のネットワークを介し、一般のネットワーキングソフトウェアを使用) 
  • 200を超える測定レシピをプロセス固有のニーズに応じて簡単に保存、管理、使用可能
  • FCV-3000のデュアルロードポートからのローディング
  • 1mmまでのエッジエクスクルージョンの測定
  • デソーバーを内蔵、プログラム可能な事前処理によりウェハー表面が安定
  • 200mmと300mmのウェハーの自動ハンドリング
  • OHT

各システムは、さらに、ユーザーの要件に応じて、以下の測定機能や自動化機能を追加して構成されます。

測定機能:

  • CV測定
  • IV測定
  • 勾配電流ストレステスト(RCST)
  • 一定電流ストレステスト(CCST)
  • 勾配電圧ストレステスト(RVST)
  • 一定電圧ストレステスト(CVST)
  • オフラインキャリアプロファイリング

プローブの移動、ウェハーの動き、カセットのローディング/アンローディング、ウェハーの事前処理は、ユーザーが定義・保存したレシピに応じて、内部コンピュータによって制御されます。データ分析は、包括的なCV分析パッケージによって行われます。これらすべてが、SEMI E95規格準拠の使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスで制御されます。基本システムには、フロントエンドモジュール(ウェハーステージ、ロボット、プリアライナーを装備)、システムコントローラ、電子キャビネット、空気圧制御装置、EMプローブシステムとオプションの1探針または2探針硬質プローブ(オンラインバックアップ付き)、CV計、包括的なソフトウェアスイート(システム制御ソフトウェア、レシピ&測定データベース、CV測定タイプのライブラリなど)が含まれています。

お問い合わせ
アプリケーション・テクノロジー情報

お問い合わせ

ご質問・ご相談はこちら

TEL 045-620-7960

日本セミラボ株式会社株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10
YS新横浜ビル6階
TEL: 045-620-7960(代表) FAX: 045-476-2146

セミラボグループ
セミラボグループロゴ
Semilab AMSロゴ
Semilab QC ロゴ
Semilab SDI ロゴ
Semilab Sopra ロゴ
Semilab SSM ロゴ