太陽電池      単結晶インゴット用ライフタイム測定器 WT-2000PI

単結晶インゴット用ライフタイム測定器  WT-2000PI - 太陽電池

概要

ライフタイム測定器 WT-2000PIは、e-PCD技術を使用し、
パッシベーション処理なしの単結晶シリコンインゴット状態で
少数キャリアライフタイムを測定します。

装置仕様

・測定手法: e-PCD

・サンプルサイズ: Ø206×500mm

・ローディング: 手動

・解像度(X-Y): 16, 8, 4, 2mm

・比抵抗レンジ: 0.5 to 10000Ωcm

・ライフタイムレンジ: 10-30000ms

・最大データポイント数: 約400.000

・サイクルタイム: 5分(1ラインスキャン)

オプション

・シリコン塊測定(厚み: 20mm以上)

・比抵抗測定

・PN 判定

単結晶インゴット用ライフタイム測定器  WT-2000PI - 太陽電池
表面処理状態の異なるウェハーでもライフタイムの値は、表面の影響をほとんど受けません。